理事長からのメッセージ
 日中2000年の交流の歴史の中で留学生たちは両国の架け橋として大きな役割を果たしてきました。
 今、9万人を超える留学生が夢を抱いて日本で学んでいます。
 こうした留学生たちと交流し、安心して留学生活を送ることができるよう支援することにより、中日お互いの立場を理解できる優秀な人材の育成に寄与し、21世紀のアジアそして世界を平和で繁栄したものにしたい。
 そんな「志」を持つ方々と一緒に本会を運営してゆきたいと願っています。

 

中国留学生交流支援立志会理事長   五十嵐 貞一
 
活動方針

この会の活動に当たって私たちは、次の4つのキーワードを大切にしたいと思っています。

1)「志」の共有(日中両国の友好関係を願う「志」を持つものが集まる)

2)Little Tree」を育てる(小さなこと、各々が出来ることから始め、大きく育てる)

3)「緩やかな連携」(同様の「志」を持つ諸活動と各々自主性を尊重しつつ緩やかに連携する)

4)「水平関係」(国家間、世代間、男女間などすべてに水平的な関係で臨むよう努める)